酢について

食酢のルーツ

食酢の語源はフランス語にあった

食酢のルーツ

食酢を英語でビネガー(vinegar)というが、この語源はフランス語のビネグル(vinegre)に由来しているようだ。フランス語でビネ(vine)はワイン(wine)、ネグル(naigre)はサワー(sour)で酸っぱいという意味である。ついでにドイツ語ではエスイヒ(essig)、イタリア語でアセト(aceto)、ロシアの言葉でウークスス(uksus)という。
醤油のように日本独特の調味料というのではなく、どこの国にも古くからあった調味料という事である。

酢は、保存されていた酒が偶然に変化してできたのが始まりで、人類が最初に作り始めた調味料です。「百薬の長」といわれる酒から生まれた酢は、不老不死の薬として古来より大切に用いられ、日本国家の基盤であった米税と同等に扱われるほど貴重なものでした。
『中薬大辞典』によると、酢は「肝と胃系に入る」とあります。これは消化吸収作用と血液浄化作用に特効があるということです。

クレオパトラの美の陰に酢あり

これは今までは誰でもが知っているが、クレオパトラがマーク・アントニーと「一回の食事で全財産をなくすことができるか」という賭けをして、「真珠を酢で溶かして飲めばできる」といったと伝えられている。
またカーラの有機化学の本には、女王は真珠を酢で溶かしたものを美容のために愛飲していたとも伝えられている。いずれにしても、酢が調味料の役割だけでなく、美容とか健康ということに昔から深いかかわりがあったことがわかる。

日本の酢は中国から渡ってきた

日本の酢は中国から渡ってきた

文献によると日本で酢が作られたのは、西暦三六九~四〇四の応神天皇のころに、中国大陸から渡来したという記録があります。

和泉の国で作られたので(いずみ酢)という言葉が残っており、 大化の改新(六四五年)大宝律令では、造酢司という官職が決められ、食酢を作るのが仕事になっていたそうです。

奈良時代になると、「万葉集」に食酢を詠み込んだ歌がおさめられています。

『醤(ひしお)酢(す)に蒜(ひる)つきかてて鯛くらう われにな見せそ水(な)葱(ぎ)のあつもの』

また平安時代の「延喜記」には、酢の作り方が書いてあります。
室町時代の記録には合え酢が姿をあらわして、例えば、酢みそ、わさび酢、辛し酢などがある。江戸時代になると、大量生産の食酢の作りが確立し、原理的にはほとんど現在と同様の作り方まで発達ました。
明治時代には江戸時代に完成した技術と製品が、海外から入ってきた食品加工技術が利用した製品と共に、現在のお酢となりました。

ビワミンの酢の発酵法

ビワミンは、一般的な酢の発酵法の約60倍の時間を使って納得のいく酢を作っています。

短時間・大量生産の製法だと、酢が鼻にツンと来るのも止む得ません。

近年、酢を短時間で大量生産させる、「深部発酵法」を導入するメーカーが増えております。 この深部発酵法は、胴のタンクの深い部分に酸素を強制的に送り込み、わずか24時間でお酢を製造しますが、ツンと鼻に来るのも止むを得なく、食効の格差は否めません。

ビワミンは、昔から発酵法でじっくりと愛情かけて酢を作ります。

静置発酵法
ビワミン製造工程略図

一方、ビワミンは、古くからの伝承製法として「静置発酵法」を採用ししています。 静置発酵法は、一切を自然に任せて発酵させる意味で、表面発酵法とも言われ、木桶の上部で空気と触れる表面から発酵させます。発酵して比重が重くなった酢は、下に沈むことで、自然対流がうまれ、桶内を無理なく巡回させ、酢にストレスが掛からずに、まろやかな仕上がりになります。

また、この静置発酵法には、木桶のみならず、柱やこの天井の板一枚にも酢酸菌等数種類の菌が住み着いており、風の流れで木桶の中に入ります。だから、むやみに板一枚でも動かせません。仕込みが終わると、通気性の良いムシロを外気温に合わせて、着脱させ表面温度を定温に保ちます。 まるで子育ての心地で、やさしく温度調整を行い、深部発酵法の約60倍の時間を使って、納得のいく酢を作っているのです。

ビワミンは、2種類の酢をバランスよく配合しています。

【ぶどう酢=陰性】【米酢=陽性】です。 この2種類を併せ持つことにより生体内のバランスをとります。 ぶどう酢と米酢、ビワ葉エキスがビワミンのベースとなり、その他成分は体の微量要素としてビタミン・カルシウム・ハチミツ・ローヤルゼリーなど、自然の恵みを丁寧にバランス良くブレンドし製品化されます。

成分配合量は、これに対してこれだけ入れるといった薬学理論に基づいた配合ではなく、ホメオパシー理論に基づいて極微量の成分配合になっています。 その成分の組み合わせにより生体に有効に作用させるといった目的にての配合です。

わずかな量でも有効作用が働き多く入れたからといっても大半が無駄に終わるというものもあります。 お酢はアミノ酸をつくりだしそのアミノ酸が各成分を挟みこみ効率よく細胞に運んでくれます。そのため極微量でも有効的に作用するのです。

ページの先頭へ

商品紹介

ビワミン

ビワミン ロイヤル ビワミン
■ ビワミン
最もスタンダードなタイプのビワミンです。

醸造酢、果糖ブドウ糖液糖、ブドウ酢、ハチミツ、酸味料(クエン酸)、グレープ果汁、ビワエキス、カルシウム、各種ビタミン、ローヤルゼリー、香料

■ ロイヤル ビワミン
熟成期間を伸ばした、飲み口まろやかなビワミンです。

醸造酢、果糖ブドウ糖液糖、ブドウ酢、ハチミツ、グレープ果汁、ビワエキス、カルシウム、各種ビタミン、ローヤルゼリー、香料、酸味料

720ml
2,700円
1800ml
5,400円
オンラインショップへ
720ml
3,240円
オンラインショップへ

※1800ml(6,480円)は直接販売となりますので、購入をご希望の方はこちらへお問い合わせください。

ギフトセット

ビワミン×ペットボトルセット ビワミン×2セット ビワミン×ビワ茶セット
■ ビワミン×ペットボトルセット
薄めるのに便利なメモリ付きペットボトル付き!

「ビワミン」720ml×1本
935ml容器(5倍・8倍メモリ付)

■ ビワミン2本セット
ビワミン2本セット!

「ビワミン」720ml×2本

■ ビワミン×ビワ茶セット
10種類の素材をブレンドしたビワ茶をセットにしました!

「ビワミン」720ml×1本
「ビワ茶(無憂扇)」10gパック×15包入

セット料金
3,348円
オンラインショップへ
セット料金
5,724円
オンラインショップへ
セット料金
4,644円
オンラインショップへ
ロイヤルビワミン×ペットボトルセット ロイヤルビワミン×2セット ロイヤルビワミン×マスカット酢
■ ロイヤルビワミン×ペットボトルセット
薄めるのに便利なメモリ付きペットボトル付き!

「ロイヤル ビワミン」720ml×1本
935ml容器(5倍・8倍メモリ付)

■ ロイヤル ビワミン2本セット

ロイヤルビワミン2本セット!

「ロイヤル ビワミン」720ml×2本

■ ロイヤルビワミン×マスカット酢セット
マスカットと米酢を主原料にしたマスカット酢をセットにしました!

「ロイヤルビワミン」720ml×1本
マスカット酢」720ml×1本

セット料金
3,888円
オンラインショップへ
セット料金
6,804円
オンラインショップへ
セット料金
6,804円
オンラインショップへ
ページの先頭へ